おしゃれな花瓶決定版!ひとつ持っておくと便利です。

 

花を飾りたい!と思う時に必要なものといえば花瓶。「フラワーベース」ともいいますよね。

これまで花屋で実にさまざまな花瓶を取り扱ってきました。極端なことを言えば、コップでも空き瓶でも水がこぼれなければ飾ることはできるのですが、なんといっても飾りたい植物のサイズに合わせると植物のきれいさも引き立ちます。

食器のようにいくつも買うことは少ないかもしれませんが、飽きずに使えるものを持っておくと便利です。

そこで、個人的におすすめの花瓶をご紹介していきます^^

 

花瓶の選び方のポイント

1.大きさ

お部屋に植物を飾りたいという時は、小花を数本ということもあれば、長さと本数のある切り花、時には長さがある枝ものを飾ることもあるはずです。しかし、小ぶりな花瓶に太くて長い枝ものを活けると、見た目のバランスが悪いばかりか重みで倒れて水がこぼれてしまいます。

ということで、飾りたい植物に合わせた花瓶のサイズを持っておくことが必要になるため、1輪挿しや小ぶりの花瓶は持っているという場合は、長さと程良い重みがあり、安定感のある花瓶を追加すると良いですね。

最近は枝ものをお部屋のインテリアとして飾るのが流行っていますが、安定感のある花瓶であっても水は多めが鉄則。枝が太いほど水をたくさん吸いますし、花瓶の安定感だけではなく水の重みを加えることが大切です。

 

2.素材

やはり定番はクリアなガラスや陶器ですが、さまざまな形やデザインがありますので、ワンパターンになるのは避けることができます。

花やグリーンが主役と考えれば花瓶はシンプルが良いと思う方は多いです。とくに少ない花瓶で色んなお花を活けてみたい!と思う方は、花瓶はクリアや白、アイボリーがおすすめ。

花と花瓶の色合わせを考える必要がないので便利で、お花を飾るのが楽しくなるはずです。

 

 

 

おすすめの花瓶7選~デザインも兼ねたい方におすすめ~

 

花瓶は雑貨屋さんや品揃えの良いフラワーショップやホームセンターなどで購入することができ、近くのお店には気に入った商品がないという場合はネットでも購入ができます。

せっかく花瓶を買うのであれば、長く使えるお気に入りを探したいもの。そこでデザイン性を兼ね備えた個人的におすすめな商品をご紹介します‼

 


ホルムガード

 

 Instagramでよく見かけるこちら。

個人的には下にボリュームがあるタイプが好きです。

 

 


 

ケーラー

■シンプルなデザインもあります■

 

ボーダーは好みが分かれますので、シンプルなものだとギフトにも良いですね^^

 

KAHLER(ケーラー)は、デンマークの陶器メーカー。最先端の技術とデザイン力で高い評価を得ています。

 

 


波佐見焼

 


 

お部屋に溶け込むデザイン

北欧風ですね。お花でも、グリーンのみでも良さそう。
ちょっと花屋さんに寄って花を買うという時も、いつもお花をたくさん買うのは負担になります。でも、口がせまい花瓶だとさみしい印象になりません^^

 

ちょっと花を活けるバランスが難しいかもしれませんが、イッタラ好きな方にはおすすめ。

 


 

いかがでしたか?

決定版!と言いつつも、完全に自分の好みなんですが、おしゃれだな~と思う方が持っている確率も高いんですよ。

この中になくても、ぜひお気に入りの花瓶を見つけてみてください^^

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です