花屋さんの上手な選び方と新鮮な花の購入方法について

「心地よい暮らし」を理想とする場合、すっきりとお部屋を片付けて、お花を飾る生活が目標と思う方は多いです。
私もとっても共感することで、花が映えるお部屋をモットーに片付けに励んでいますよ^^

気軽に花を飾りたい。でも、花屋さんに行ってどう選んで良いのか分からないという方でも、堂々とお花屋さんに行っていただきたいので、おすすめの購入方法をお伝えします。

1本だけでも大丈夫です!

花屋さんに行くと、少しだけ買いたいと思っていても目移りしてたくさん欲しくなってしまったり、少ししか買わないのはお店の方にわるいかな?と思って必要以上に買ってしまうことがあると思います。

実際にお花はなくても生活ができるので、贅沢品とも言えます。
ただ、生活をより良くするために負担をなくしながら飾りたいと思うのであれば、なるべく価格を抑えて購入することが長くお花を飾っていくポイントでもあります。

私は花をラフに飾るのが好きなので、あまり本数にこだわりません。

花を飾りたいな~と思ったら、1本に対してたくさんお花がついているスプレータイプの花を買って、いくつかの花瓶に分けて飾ったり、「1本勝負!」といった感じで気に入ったものを1本だけ買ったりもしています。

例えば、アジサイを1本飾るとしても、花にボリュームがあるのでさみしい印象にはなりません。花瓶とのバランスも重要なポイントです。
もちろん来客の時は多少奮発することもありますよ^^

花屋で接客をしている時、よく1~2本買いに来るお客様はいますが、むしろセンスが良いな~と思うことは多いです。「この間買ったのは持ちが良かったよ~」と感想をいただくことも。

なので、1回にたくさんの本数を買わないようにあえて意識すると、お花を飾るということを長く続けていけるのではと思っています。

1本でも大丈夫!と分かれば、5本買ったとしたら上出来に思えますよね。
どうしても終わりがきてしまう花を暮らしに取り入れるには必要なことだと思っています。

 

新鮮な花を買いたい!そんな時に知っておきたいこと。

花屋さんの仕入れは主に月曜日と金曜日です。加えて水曜日の地域もあるようですね。

仕入れの日は、販売やオーダーを作る分の花を大量に仕入れるので、花屋にとっては忙しい日になります。それは仕入れ後に「水揚げ」という作業が必要だからです。

茎をカットして水につけるだけの花や、沸騰した湯にしばらくつける「湯揚げ」、枝ものなどは黒く焦げるまで焼く「焼き揚げ」など、さまざまです。

そして水揚げ後、清潔な水につけて数時間経ってからがお花が一番の買い時となります。

「できるだけ新鮮なお花を買いたい!」と思うのであれば、仕入れ日である月曜、金曜の夕方もしくは火曜、土曜の午前中が購入するベストタイミングなのです。

私の経験からいうと、

・切り花の仕入れが大きな市場で月曜日と金曜日
・小さな近くの市場で木曜日。
・鉢物の仕入れは火曜日。

となっていました。仕入れの正確な曜日は、気に入った花屋さんに聞いてみることをおすすめします。

 

切り花のお手入れについてはこちらをご覧ください^^

 

まとめ

いかがでしたでしょうか。
少しお花を買うことが、身近に感じていただけたら嬉しいです。

これから通いたいと思える花屋さんを見つけたら、仕入れ日を聞いておくと便利。豊富な品揃えの中から選ぶことができますよ。

ガランとした中から選ぶよりも、豊富な中から選ぶ方が満足度が高いと思うので、ぜひ参考にしてみてください。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です