花屋さんの選び方。お店を選ぶ時にチェックしたいこと。

花のこと

 

自宅用に飾るお花はスーパーでも買うことができますが、気分転換におしゃれな花屋さんで選びたいという時もありますよね。


そして、ギフト用はどこで頼もうかと悩むことも多いはず。ということで今回は花屋さんの特徴をまとめていきます!

 

 

 

色んな花屋さんがあります

私はこれまで全くタイプの異なる3つの花屋さんで働いて、さらに他の花屋さんに出入りすることが多かったので、自分の中の「花屋さんってこういうもの」という考えの幅が増えたと感じます。

 

私が働いたお店は、大きく分けて
1.とにかく品揃えが良い。ブライダルや葬儀との提携はもちろんフラワーレッスンもしているお店。
お店の外観はおしゃれ。店内はふつう。地域の花屋さんからはすこし孤立気味。

2.口コミだけで広り、固定客が多くて「ここに頼めば間違いない」と言われている街の花屋さん。
お店の外観はおしゃれで店内もモダン。地域の花屋さんからも一目おかれている。

3.ショッピングモールのテナントに入っているお店。
万人受けするような店内。他のお店との関りはほぼない。

という感じです。

他にも、(働いてはいませんが)

・生花を置いていなくて苗や鉢がメインの園芸店という感じの花屋

・生花が少しでプリザーブドフラワーに力を入れている花屋

・古風で昔からのお客さんが多い花屋

・夕方から出勤して夜の繁華街で営業する花屋

など本当にさまざまで、この他にももっとあるはずです。

私が勤めた3つのタイプの店は花屋の王道といった感じで、それぞれに良さと忙しさがある訳なのでどの店が一番良いとは言いにくいですが、自分が「お店に行く側」になって考えると、新鮮な花を買いたい時は繁盛店に行きます。そして、ギフトは口コミを重視します。

それから、切り花の購入で気になる「質」に関しては基本的にお客さんが一定数いて、商品の入れ替えがきちんとできている店であれば問題ないです。

注目したいのは、「いつも売り場が乱れている」「管理されていない」と感じる場合は避けた方が良いということ。
ガラスの花瓶の水が濁っていたり、商品にしおれたお花が混じっている時も要注意です。

合わせて基本的な切り花の購入方法についてはこちら。

私の経験上、花束やアレンジメントなどを作るのが上手なオーナーは、店に並べている切り花の在庫管理やディスプレイも上手で、「見せる」ということを大切にしている感じがします。

外観はおしゃれに作れても、ディスプレイは個性が出るので、見分けやすいと思います。

あと、観葉植物や花鉢も売れ筋のみを仕入れてくるので、よほどのことがないと売れ残らない。

つまり無駄がないな~と思う店と、選択ミスが多くてお店の隅に山積みになっているお店があります。

これはお客さんとしてお店に行っても、売れ残ってしまった植木鉢が隅っこでごちゃっとしているので分かるはず。

 

 

さいごに

1つの型にはまらないのが花屋の良さですが、お店選びってちょっと難しいと思います。

買わなくても良いのでちょっとのぞいてみることをおすすめします^^

良い花屋さんは、ふらっと入るだけでも居心地が良いですよ。参考にしていただけるとうれしいです。

コメント